アル・カポネ 名言 格言集|禁酒法時代のシカゴのギャングが残した言葉一覧

アウトロー・ギャング・マフィア

禁酒法時代、暗黒街の帝王として、数々の悪行を行い名を残した事でも知られているアル・カポネさんの、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

参照 Wikipedia




アル・カポネのプロフィール

暗黒街の帝王アル・カポネの晩年は本当に狂っていたのか?映画『カポネ』予告編
生年月日 1899年1月17日
死没 1947年1月25日(48歳没)
国籍 アメリカ合衆国
別名 スカーフェイス
暗黒街の顔役

アル・カポネ(英語: Al Capone、1899年1月17日 – 1947年1月25日)は、アメリカのギャング。

禁酒法時代のシカゴで、高級ホテルを根城に酒の密造・販売、売春業、賭博業の犯罪組織を運営し、機関銃を使った抗争で多くの死者を出したことでも知られている。頬に傷跡があったことで「スカーフェイス」という通り名があった。

家族は妻のメエと息子のソニー。

※参照 Wikipedia

 

アル・カポネ 名言 格言 迷言集

1 笑顔はあなたを遠ざけることができるが、銃を持った笑顔はあなたをさらに遠ざけることができる。

怖すぎる名言wwww

 

2 私がやったことは、ビールとウイスキーを最高の人々に売っただけだ。私がやったことは、非常に人気のある需要を供給しただけなんだ。

まぁその時の法律でしたからね・・・・

 

3 誰を友人と呼ぶのかということに注意しなさい。私は100枚の1セントよりも4枚の25セント硬貨が欲しい。

そうですか。

 

4 資本主義は、私たちがそれを両手で掴んでしがみつくのなら、私たち全員に素晴らしいチャンスを与えてくれる。

おっしゃる通りです。

 

5 私の親切さを弱さと勘違いしてはならない。私は皆に親切だ。しかし誰かが私に不親切なとき、弱さとは私について思い浮かぶものではないだろう。

これも少し怖いwww

 

6 私は人々に欲しいものを与えているただのビジネスマンだ。

勿論実業家としての能力も凄いのでしょうね。

 

7 私はいつも暴力や銃撃には反対している。ああ、私は戦ったが平和のために戦った。

これはどうなのでしょう。

 

8 私はこの地球で貧困の中を生きるよりも、裕福で強欲に生きて、死ぬときは地獄に行くほうが良い。

まさに体現されていらっしゃるww

 

9 この国で起こるあらゆる犯罪は、私に原因があるようだ。

凄い時代だったのでしょうね。

 

10 何も尊敬しない人々は恐怖を恐れる。したがって、私は恐怖に基づいて自分の組織を構築した。

なるほど。

 

11 禁止することは、トラブル以外何も生まない。

言っている意味も分かります。

 

12 国が酒を欲していたから、私はそれを用意した。なぜ私が公の敵と呼ばれなければならないのか?

どうなんでしょう。

 

13 私と共に働く人は何も恐れない。私のために働く人は報酬のためではなく、誓約を破ると何をされるかを知っているので、忠実に保たれている。

絶対裏切れないですね。

 

14 親切な言葉だけよりも、親切な言葉と銃でより多くのものを手に入れることが出来る。

ジャイアンか!

 

15 他人が汗水たらして稼いだ金を価値のない株に変える悪徳銀行家は、家族を養うために盗みを働く気の毒な奴より、よっぽど刑務所行きの資格がある。

まさに価値観を示す名言です。

 

 

関連人物の名言集

世界最強・凶悪なマフィアと呼ばれる人物たちが残した名言・格言集|心に響く言葉・セリフ・語録一覧
イタリアのシチリア島を起源とする組織犯罪集団「マフィア」と呼ばれる人物たちはかつて世界中で勢力を拡大した。 金銭を稼ぐ目的という意味では、様々な犯罪も厭わず、時には極悪な犯罪にも手を染める。 一方で、「ファミリー」という言葉を使うほど組織は義理堅く、結束力が非常に高い昔気質で古き良き人間味あふれる一面も持ち合わせている。 当ページでは、歴史上に存在した有名で伝説的な「マフィア」と呼ばれた人物の心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

 
https://meigen.info/?p=2203

 

ジョゼフ・ボナンノ 名言 格言集|コルレオーネファミリーのモデルとなった男が残した言葉一覧
コーサ・ノストラの幹部でニューヨーク五大ファミリーの1つ「ボナンノ一家」のボス。 ゴッドファーザーのモデルの1人となった人物。 教養もあり頭脳明晰で名誉、伝統、尊敬、尊厳を重視していた。 そのため当時のマフィアとしては珍しく生涯麻薬ビジネスには手を出さなかったと言われている。 30年以上もボスをつとめ、97歳まで生きたボナンノは、犯罪組織の生きた化石のような人物であったため、その人生が著作化・ドラマ化されている。 そんな厳格で尊敬を集めたジョゼフ・ボナンノの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

 

マイヤー・ランスキー 名言 格言集|組織犯罪の天才が残した言葉一覧
マイヤー・ランスキーはユダヤ系ロシア人のギャングでラッキー・ルチアーノらマフィアの財政顧問。 幼い頃は満足な教育を受けることができなかったため、自ら数学や経済学の研究書を読み続け勉強していた。 そのため経済学に詳しくマネーロンダリングの創始者と言われている。 また『モブスターズ/青春の群像』(1991年)、『バグジー』(1991年)、『ランスキー アメリカが最も恐れた男』、『ゴッドファーザーPARTII』(ハイマン・ロス)などランスキーを題材にした映画も作られている。 そんなビジネスライクな公正さと誠実さでボスたちから絶大な信頼を得ていたマイヤー・ランスキーの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

 

ドミニク・ナポリターノ 名言 格言集|最期までマフィアを愛した男の言葉一覧
ドミニク・ナポリターノ、通称ドミニク・“ソニー・ブラック”・ナポリターノ。 アメリカのマフィアで五大ファミリー、ボナンノ一家のボス代行を務めた人物。 FBIの特別捜査官、ジョー・ピストーネがマフィアのボナンノ一家にドニー・ブラスコの名で6年間潜入し、ボナンノ一家を大量摘発した実話を基にした映画『FAKE』のモデルにもなっている。 そんなドミニク・“ソニー・ブラック”・ナポリターノの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました