悲しい時・落ち込んだ時に聞きたい名言

アカギ

アカギ 名言・格言|怯えた心の終着駅…最後の思考回路は滅びを内包しつつの決断っ…!覚悟っ…!

アカギ 名言・格言 「怯えた心の終着駅…最後の思考回路は滅びを内包しつつの決断っ…!覚悟っ…!」 –赤木しげる アカギ23巻より 英文  The end station of the frightened heart ... The last thought circuit is a decision that includes destruction ...! Prepared ...! 意味 VS鷲巣戦、6半荘目、鷲巣はアカギのリーチに対しテンパイするも振り込んでしまう。 その際アカギが発したセリフ。 恐怖心に駆られた人は破滅・敗北のようなものを受け入れて決断してしまうという事。
マザー・テレサ

マザー・テレサ 名言・格言 | 神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけ。

マザー・テレサ 名言・格言 「神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけ。」 –慈善活動家、修道女 意味 神の愛の宣教者会の創立者であり、カトリック教会の聖人「マザー・テレサ」が残したとされるお言葉です。 人は、当たり前ですが成功する事をイメージして物事を始めたり考えたりします。 しかし失敗する事を恐れて、挑戦をやめてしまう事もあります。 この世界では人生に挑戦することに価値がある。挑戦することで、様々な学びがある。 どんな結果であろうが、今を精一杯チャレンジしていくことが大事という考え。
ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃん 花輪和彦(花輪くん) 名言・格言 | 未来や過去にしばられるような生き方は自然じゃないさ。明日は 自分で作るものなのさ。

ちびまる子ちゃん 花輪和彦(花輪くん) 名言・格言 「未来や過去にしばられるような生き方は自然じゃないさ。明日は 自分で作るものなのさ。」 –「まる子 ノストラダムスの予言を気にする」の巻 意味 アニメ「ちびまる子ちゃん」に登場するキャラクターの一人である「花輪君」の名言です。 これは、「まる子 ノストラダムスの予言を気にする」の巻にて、ノストラダムスの予言を信じて、世界が滅亡するかもしれないとうろたえるまる子たちに、「未来や過去にしばられるような生き方は自然じゃないさ。明日は自分で作るものなのさ」と言い放つ、非常に前向きで、とても9歳とは思えない考えの花輪君らしい名言ですね。
ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃん 花輪和彦(花輪くん) 名言・格言 | いると信じた方がロマンチックじゃないか、ベイビー!

ちびまる子ちゃん 花輪和彦(花輪くん) 名言・格言 「いると信じた方がロマンチックじゃないか、ベイビー!」 –巻数不明 意味 アニメ「ちびまる子ちゃん」に登場するキャラクターの一人である「花輪君」の名言です。 これは、まるちゃんたちが、サンタクロースは本当に存在するかどうかを議論していた際に、花輪君が放った一言。 まるちゃん:「花輪君はサンタさんって本当にいると思う?」 花輪君:「本当のところはわからないけど、いると信じた方がロマンティックじゃないか、ベイビー!」 非常に前向きで、とても9歳とは思えない考えの花輪君らしい名言ですね。
アカギ

アカギ 名言・格言|なんでもっとスカッと生きねぇのかな……

アカギ 名言・格言 「なんでもっとスカッと生きねぇのかな……」 意味 アカギを嵌めようとした職場の先輩3人と揉めた後に南郷に漏らしたセリフ。 多くの人が物事を複雑に捉えてしまい人生をシンプルに生きられないことを疑問に思うアカギの心情が窺える一言。 –赤木しげる アカギ4巻より
マザー・テレサ

マザー・テレサ 名言・格言 | 100人に食べ物を与えることができなくても、1人なら出来るでしょ?

マザー・テレサ 名言・格言 「100人に食べ物を与えることができなくても、1人なら出来るでしょ?」 –慈善活動家、修道女 神の愛の宣教者会の創立者であり、カトリック教会の聖人「マザー・テレサ」が残したとされるお言葉です。 自分一人では限界はあるが、自分一人でも出来る事はある、という教え。
マザー・テレサ

マザー・テレサ 名言・格言 | いかにいい仕事をしたかよりもどれだけ心を込めたかです。

マザー・テレサ 名言・格言 「いかにいい仕事をしたかよりもどれだけ心を込めたかです。」 –慈善活動家、修道女 神の愛の宣教者会の創立者であり、カトリック教会の聖人。 大切なのは、どれだけ優れた内容の仕事、多くのことをしたかではなく、どれだけ心(愛)を込めたか という教え。
タイトルとURLをコピーしました