武田鉄矢

名言

武田鉄矢(金八先生) 名言 格言 迷言集|心に響く 面白い言葉一覧

武田鉄矢(金八先生)のプロフィール 武田 鉄矢(たけだ てつや、1949年〈昭和24年〉4月11日 – )は、日本の歌手・俳優・タレント・司会者・作詞家。フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダー。自身が出演する映画・ドラマの脚本を片山蒼の名義で執筆することもある。
名言

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 | 人間はみんな少しずつ違うのが当たり前で、それを個性と言います。

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 「人間はみんな少しずつ違うのが当たり前で、それを個性と言います。」 –ドラマ(3年B組金八先生) 意味 3年B組金八先生第4シリーズにて坂本金八が発した言葉。 人間はそれぞれみんな違う性格、違う容姿だが、それが「個性」なんだということ。
名言

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 | 立派な人にならなくてもいいの。どうか、感じの良い人になって下さい。

武田鉄矢(金八先生) 「立派な人にならなくてもいいの。どうか、感じの良い人になって下さい。」 –ドラマ(3年B組金八先生) 3年B組金八先生第4シリーズ最終回にて、卒業生に向かって坂本金八が発した言葉。 以下参照。
名言

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 | 大きな志を持つ者は小さな屈辱に耐えよ、耐えられるはずだ。

「大きな志を持つ者は小さな屈辱に耐えよ、耐えられるはずだ。」 3年B組金八先生第6シリーズにて、坂本金八が発した言葉。 大きな野望や夢があるなら、それまでの過程に辛いことやキツイ事があるはずで、それに耐えなさいという教え。
名言

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 | 何でも謝って済むことではないけれど、謝れない人間は最低だ。

武田鉄矢(金八先生) 「何でも謝って済むことではないけれど、謝れない人間は最低だ。」 –3年B組金八先生 英文 I can’t apologize for anything, but the worst people can’t apologize. 意味 3年B組金八先生第5シリーズにて、坂本金八が発した言葉。 人間だれしも失敗をします。 過ちを犯し、人に迷惑をかけた時、素直になり、謝れることが大切です。
名言

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 | この子は泥にまみれて、必死にもがいてるんです!どうか…愛してやってください。

武田鉄矢(金八先生) 「この子は泥にまみれて、必死にもがいてるんです!どうか…愛してやってください。」 –3年B組金八先生 英文 This kid is covered in mud and struggling desperately! Please … love me. 意味 3年B組金八先生第5シリーズにて、生徒「兼末健次郎」に対して坂本金八が発した言葉。
名言

武田鉄矢(金八先生) 名言・格言 | 人という字は互いに支えあってヒトとなる。

武田鉄矢(金八先生) 「人という字は互いに支えあってヒトとなる。」 –3年B組金八先生 英文 The character human supports each other to become human.
タイトルとURLをコピーしました