スティーブン・ジェラード

スティーブン・ジェラード

スティーブン・ジェラード 名言・格言 | W杯の舞台でPKを外すというのは、世界で最も孤独な瞬間だと思う。でも、もう一度同じようなチャンスが回ってくることを願っている。そこでキッカーを任せてもらえるなら、俺は喜んで生死の境目に立つだろう。

スティーブン・ジェラード 名言・格言 「W杯の舞台でPKを外すというのは、世界で最も孤独な瞬間だと思う。でも、もう一度同じようなチャンスが回ってくることを願っている。そこでキッカーを任せてもらえるなら、俺は喜んで生死の境目に立つだろう。」 –元イングランド代表・サッカー選手に 意味 元イングランド代表のプロサッカー選手「スティーブン・ジェラード」さんの言葉です。 2006年FIFAワールドカップ準々決勝、VSポルトガル戦はPK戦にもつれ込む死闘を演じた。 ポルトガル代表は2人目ビアナ、3人目プティが連続失敗。 しかし、イングランド代表は2人目のハーグリーブス以外、ランパード、ジェラード、キャラガーが失敗、1-3で2004年欧州選手権(EURO)準々決勝に続き、またもポルトガル代表にPK戦の末敗れた。 「W杯の舞台でPKを外すというのは、世界で最も孤独な瞬間だと思う。ただ試合に負けるだけでも残酷なのに、その全責任が自分にあるのかと思うと、とても耐えられない。 でも、だからこそ俺は、もう一度同じようなチャンスが回ってくることを願っている。そこでキッカーを任せてもらえるなら、俺は喜んで生死の境目に立つだろう。」
スティーブン・ジェラード

スティーブン・ジェラード 名言・格言 | あの声を聞けよ。ファンは諦めちゃいない。

スティーブン・ジェラード 名言・格言 「あの声を聞けよ。ファンは諦めちゃいない。」 –2004-05シーズンCL決勝にて 意味 元イングランド代表のプロサッカー選手「スティーブン・ジェラード」さんの言葉です。 2004-05シーズンCL決勝で、当時世界でも最強を誇っていたミラン相手に、0-3で圧倒された。 その時、リバプールのサポーターが諦めまい。と『You’ll Never Walk Alone』のサポーターソングでチームを援護。 ハーフタイムの時、チームのキャプテンであったジェラードが、チームを鼓舞した言葉と言われています。 結局、後半の6分間に3得点を奪い返し、PK戦の末に優勝。 その後の「イスタンブールの奇跡」の呼び水となった。
タイトルとURLをコピーしました