キース・へリング

アーティスト

キース・へリング 名言 格言集| ストリートアートのパイオニアが残した心に響く言葉一覧

キース・へリングはバスキアやアンディ・ウォホールと共に80年代を代表するアーティスト。 1980年にニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くというサブウェイ・ドローイングと呼ばれるグラフィティアートを始め、通勤客の間で話題になりました。 その後、国際的にも高く評価され、展覧会やアニメーション・舞台デザインやショップなど多岐に渡って活躍します。 1990年に31歳という若さでAIDSにより亡くなってしまいますが、亡くなる直前までアートを通してHIV・エイズ予防啓発運動に積極的に取り組んでいました。 彼のデザインはその後もUNIQLOやラコステなど多くのブランドとコラボレーションし現代にも多くのファンを生んでいます。 そんなストリートアートのパイオニアであるキース・へリングの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。
タイトルとURLをコピーしました