久保建英 名言・格言 | 今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはない。

久保建英

参照 amazon | Number(ナンバー)1011号「久保建英、リーガをゆく。」




久保建英 名言・格言

「今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはない。」

–2021年東京オリンピック、vsメキシコ戦後

 

英文

I’ve been playing soccer so far and I’ve never had such a regret.

 

意味

日本サッカー界の宝「久保建英」選手の残した言葉です。

東京オリンピックでは、まさにチームの中心といえるほどの活躍をされていた同選手ですが、3位決定戦のメキシコ戦は勝てば銅メダルだったが、結果は1-3で敗北。

試合後には、人目をはばかることなく悔し涙を流した同選手はフラッシュインタビューでこのように語った。

「今日勝つと決めてきて、グループステージで勝っていた相手だったので、結果論ですけど、どっかで気の緩みがあったかもしれないですし。重みが自分たちに理解できなかったのかなと思います」

「そんなものは何にもならない。結果、相手も疲れている中で3点取られて、こっちは1点しか取れなくて試合が終わって…。こんな悔しいことはない」

「もう負けたので、次のチャンスが自分にあれば今度こそチームの勝利に貢献したいですけど、今日の負けは重いなと思います」

「めちゃくちゃ楽しかったですけど、結果手ぶらで自分の家に帰ることになります。今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはないし、この気持ちを忘れないようにできればなと」

 

例文

よくやったぞ息子よ!

負けはしたけど、お前はよくやった!

くそ!

勝たなきゃなんの意味もないんだ!

今まで陸上をやってきて、こんな悔しいことはない。

 

類語

涙の数だけ人は弱くなる。弱くなるから、より強くなりたいって食いしばれるんだ。

–竹原ピストル

 

関連動画

【号泣】サッカー人生で1番悔しい…久保建英、メキシコ戦後のインタビュー|東京オリンピック2021〈2021/08/06〉

 

関連記事

久保建英 名言 格言 迷言集|心に響く 面白い言葉一覧
スペインの名門「FCバルセロナ」の下部組織出身で、現在はそのライバルチームであるレアルマドリードが保有する日本の宝 久保建英選手の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 – )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。プリメーラ・ディビシオン・ビジャレアルCF所属。日本代表。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました