リッキー・パウエル 名言 格言集| 4人目のビースティ・ボーイズと呼ばれた男の心に響く言葉一覧

アーティスト

ヒップホップ、パンクロック、グラフィティ、ポップアートなどのストリートカルチャーを撮り続けたアメリカの写真家。
アメリカのヒップホップグループBeastieBoysと一緒にツアーを行い、その際彼らを撮影した写真が高く評価され、4人目のビースティ・ボーイズと呼ばれるようになった。
またRUN-DMC、アンディ・ウォーホル、バスキア、マドンナなど様々な人物を被写体に作品を発表しニューヨークのストリートを中心に人気を集めた。
2021年2月1日に59歳という若さで心不全の為この世を去った。

そんなストリートカルチャーを撮り続け、4人目のビースティ・ボーイズと呼ばれた彼の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

参照 Wikipedia




リッキー・パウエルのプロフィール

リッキー・パウエルの作品

参照 ST-style 

 

本名 リッキー・パウエル
生年月日 1961年11月20日
没年月日 2021年2月1日(59才)
国籍 アメリカ
出身地 ニューヨーク
職業 写真家
Instagram Instagram

リッキーパウエル(1961年11月20日– 2021年2月1日)は、ヒップホップ、パンクロック、グラフィティ、ポップアートなどの大衆文化を記録したアメリカの写真家でした。彼の写真は、ニューヨークタイムズ、ニューヨークポスト、デイリーニュース、ヴィレッジヴォイス、タイム、ニューズウィーク、バイブ、ソース、ローリングストーン、などの出版物で紹介されています。彼の写真には、以下を含むアーティストの率直な肖像画が含まれていましたジャン=ミシェルバスキア、アンディウォーホル、マドンナ、その他多くの大衆文化芸術家やその他の一般の人々。彼の写真は、リッキー・パウエルのラップ写真の本に含まれていました!(1998)、The Rickford Files:Classic New York Photographs(2000)、Frozade Moments:Classic Street Photography of Ricky Powell(2004)、およびPublic Access:Ricky Powell Photographs(2005)は、国内外で展示されました。 彼はアメリカのヒップホップグループBeastieBoysと一緒にツアーを行い、彼らのパフォーマンスを撮影し、時折ビデオに出演しました。

※参照 Wikipedia

 

リッキー・パウエル 名言 格言集

1 撮らせてくれてありがとう。僕がどんなカメラを使っていても、変な顔をしないでね。

古いカメラを使用していた為、言っていたそうです。

 

2 僕は(Instagram)ハッシュタグに “bummysophisticated(くだらないおしゃれ)” という言葉を使っているんだけど、それが自分のスタイルだと思っている。

カッコイイ!

 

3 僕はグラフィティを描くようなスタイルを(写真と)合体させたりしてきたけど、かといって何かしらのものになりたいと思ってはいないんだよ。
僕は僕だし、どこに行っても、そこでどんなことが起きても、ばっくれてしまうからね。
僕は僕にとっての大切なことを見つけるんだ。

何かしらのものになりたくない。
一度は言ってみたい…。
バックレる勇気下さい…。

 

4 リラックス。そしてクニッシュを食べるのを忘れずに。

リラックス大事。
ちなみにクニッシュはユダヤ料理。

 

5 私の祖母は60年代後半にオーチャードストリートに買い物に連れて行ってくれました。祖母はすべての店の店主とユダヤ語で話していました。
それは特別なことでした。
だから私は本物を求めている、真面目で地に足の着いた、時にはコミカルなものを探しているんです。
モデルやポスターは私のために何もしてくれないからね。

難しいけど痺れます。

 

関連人物の名言集

バスキア 名言 格言集| 20世紀最高の画家が残した心に響く言葉一覧
本名ジャン=ミシェル・バスキア。 グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られているアメリカ・ブルックリン出身の画家。 17歳の頃から地下鉄、スラム街地区の壁などにグラフィティアートを描き始め、その後彼の描いたユニークな絵は徐々に評価されニューヨークで個展が開かれるまでになった。 1988年8月12日にオーバードーズにより27才という若さでこの世を去る。 世界各国にバスキアファンが多く、彼が描いた絵画は高額で売買されており、元ZOZOTOWN社長の前澤友作氏も123億円でバスキアの絵画を購入し話題となった。 その後日本でも2019年バスキア展が開催された。 そんな若くしてこのを世去った20世紀における最も重要なアメリカ人アーティスト、バスキアの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました