足利義輝 あしかが よしてる 名言 格言集|室町幕府第13代征夷大将軍が残した心に響く言葉・辞世の句

その他武将など

足利義輝は、「剣豪将軍」と呼ばれる、室町幕府第13代征夷大将軍。

当ページでは「足利義輝」の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。




足利義輝のプロフィール

【戦国時代】168.6 永禄の変と足利義輝【日本史】
生誕 天文5年3月10日(1536年3月31日)
死没 永禄8年5月19日(1565年6月17日)
享年30(満29歳没)
時代 室町時代後期(戦国時代)
正室:大陽院(近衛稙家の娘)
側室:小侍従局(進士晴舎の娘)

足利 義輝(あしかが よしてる、1536年3月31日〈天文5年3月10日〉- 1565年6月17日〈永禄8年5月19日〉)は、室町時代後期(戦国時代)の室町幕府第13代征夷大将軍(在職:1546年〈天文15年〉- 1565年〈永禄8年〉)。

※参照 Wikipedia

 

足利義輝 名言 格言集

1 五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで

【意味】
降りしきる五月雨は露だろうか、それとも私の涙であろうか。ホトトギスよ、どうか私の名前を天高く上まで広めてくれ。

 

関連人物の名言集

源義経 みなもとのよしつね 名言 格言集|頼朝と対立し最期を遂げた武将が残した心に響く言葉・辞世の句
平安時代末期の武将で、幼名は牛若丸。 鎌倉幕府の初代将軍の源頼朝は異母兄に当たる。 一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼし、最大の功労者となるが、その後兄である頼朝と対立し、最期は戦うことなく悲運の最期を遂げた「源義経」の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました