綿矢りさ 名言 格言集|最年少芥川賞受賞者の心に響く言葉一覧

名言

綿矢りさ(わたや りさ)さんは日本の小説家。
高校在学中に「インストール」で第38回文藝賞受賞。
大学在学中の2003年には「蹴りたい背中」で第25回野間文芸新人賞の候補となり、2004年に同作品で第130回芥川龍之介賞を19歳にして受賞した。
その他にも「勝手にふるえてろ」「ひらいて」など多くの作品が映画化されている。

そんな綿矢りささんの心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

画僧参照 Amazon




綿矢りさのプロフィール

絶賛公開中 映画『ひらいて』/綿矢りさ インタビュー映像
2分で分かる 映画『ひらいて』特別映像
生年月日 1984年2月1日
国籍 日本
出身地 京都府京都市
業種 小説家

綿矢 りさ(わたや りさ、1984年(昭和59年)2月1日 – )は、日本の小説家。

17歳のときに太宰治の作品に引き込まれ、作家になろうと決めた。京都市立紫野高等学校在学中に「インストール」で第38回文藝賞受賞。受賞当時17歳であり、第18回(1981年(昭和56年))の堀田あけみ(『アイコ十六歳』)以来20年ぶりの最年少タイ記録として話題となった。同作品で2002年(平成14年)に第15回三島由紀夫賞候補。選考委員の福田和也、島田雅彦より高い評価を受ける。同作品の単行本は、2年後の芥川龍之介賞受賞や映画化の効果も相まって、2008年(平成20年)までに70万部が発行されるベストセラーとなった。 2002年(平成14年)に早稲田大学教育学部国語国文学科へ自己推薦入学。(本人は文藝賞だけで入った」と語っている。)在学中は千葉俊二ゼミに所属。大学在学中の2003年(平成15年)に『蹴りたい背中』で第25回野間文芸新人賞の候補となり、2004年(平成16年)に同作品で第130回芥川龍之介賞受賞(当時19歳)。金原ひとみ(当時20歳)「蛇にピアス」と同時受賞であり、それまでの最年少記録(第56回 1967年(昭和42年))・丸山健二の23歳0ヶ月)を大幅に更新。芥川賞受賞作と選評が掲載された月刊『文藝春秋』2004年3月号は、雑誌としては異例の初回刷80万部、最終的には118万5000部を記録し、1990年12月号「昭和天皇独白録」収録号の105万部を抜き最多発行部数を更新した。単行本は芥川賞受賞作としては1976年(昭和51年)受賞の村上龍『限りなく透明に近いブルー』(131万部)以来、28年ぶりのミリオンセラーとなった。2004年(平成16年)末までの発行部数は127万部。 2006年(平成18年)3月に早稲田大学を卒業。以降、京都で専業作家として活動に入る。 『蹴りたい背中』で2005年度早稲田大学小野梓記念賞<芸術賞>を受賞。同年末に3年半ぶりの長編となる『夢を与える』を発表。 2008年(平成20年)、第26回京都府文化賞奨励賞を受賞。同年、世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出される。同年春より読売新聞で書評委員を務める。 2010年(平成22年)、『勝手にふるえてろ』が第27回織田作之助賞大賞候補。 2012年(平成24年)、『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞を受賞。同年、京都市芸術新人賞を受賞。 2019年(令和元年)、『生のみ生のままで』で第26回島清恋愛文学賞を受賞。

※参照 Wikipedia

 

綿矢りさ 名言 格言集

1 生きているうちに小さな嫌なことが転がっているなんてある意味あたり前の状況だから必死で取り除こうとしたり落ち込んだりする必要は無い。
自分の進むまっすぐの道に石ころが落ちていたところで避けて進めて怪我してなければそれ以上深く考えなくていい。

深く考えないように顔文字

 

2 小さなことに全力で喜ぶ訓練を今までちゃんとしてこなかったなと思う。
理由は多々あるだろうが自分にとって一番大きいのは「そんなことで喜んでいいのか」というハングリー精神に似た問いかけがいつもあったせいだ。

喜ぶ訓練!響きます(ノД`)・゜・。

 

3 深く考えだすと難しくこんがらがる悩みも単純な幸せを前にすると消え失せる。
となると小さなことにもどんどん喜べが対になって生まれてくる。

ガンガン喜びましょう(/・ω・)/

 

4 傷口を見るのが怖いから、絆創膏を貼るんだよ。

「蹴りたい背中」より。

 

5 私は、余り者も嫌だけど、グループはもっと嫌だ。できた瞬間から繕わなければいけない。

「蹴りたい背中」より。
わかりみが深田えいみ(´・ω・`)

関連人物の名言集

※準備中

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました