スポンサーリンク

里見 脩二 さとみ しゅうじ 名言 格言集|ドラマ 白い巨塔の登場人物 心に響く言葉一覧

ドラマ

『白い巨塔』(しろいきょとう)は、日本の作家山崎豊子による長編小説で、社会派小説として知られています。この小説は、浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な主人公を通じて、医局制度の問題点や医学界の腐敗を鋭く描いています。

財前五郎と里見脩二は、医療界における権力争いや倫理的な葛藤に直面し、それぞれ異なる方法でこれに立ち向かうキャラクターとして描かれます。小説は、医療施設や医師たちの内部での諍いや権力闘争、病院経営の問題などを通じて、医療制度の問題を浮き彫りにします。

この小説は山崎豊子の代表作の一つとされ、1966年に映画化された後、何度も映像化されたことからもその影響力と人気がうかがえます。医療制度や倫理、権力といったテーマを通じて、日本の医療界に対する批判的な視点を提供し、社会的な議論を呼び起こす役割を果たしています。

近年のドラマにおいて、江口洋介さんや松山ケンイチさんなどが演じる「里見 脩二」の名言をいくつか紹介していきます。

 




里見 脩二のプロフィール

【白い巨塔】何があろうとも、証言台に立つ里見
田村高廣(1966年、映画)
根上淳(1967年、テレビドラマ)
山本學(1978年-1979年、テレビドラマ)
平田満(1990年、テレビドラマ)
江口洋介(2003年-2004年、テレビドラマ)
松山ケンイチ(2019年・テレビドラマ)
原作 山崎豊子
備考 同作の主人公の1人

国立浪速大学病院第一内科助教授。財前五郎とは同期で終生のライバル。もう一人の主人公と呼べる存在である。原作の設定では、大阪市出身。

財前とは進む道も考え方も全く対照的で、偉くなりたいから大学に残っているのではなく、ただ研究がしたいから大学に残っているタイプの人間。出世には無関心で、完全なる現場主義者。日に日に弱っていく患者を少しでも助けたいと病理学教室から第一内科へと転じるも、研究一途の姿勢は不変で、学内の権力争いには嫌気が差している。愚直で融通が利かない性格であるため、政治力で医学部長にまで上り詰めた直属の上司、鵜飼からは煙たがられていたが、病理学の大河内教授は里見の医学者としての姿勢を高く評価していた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

財前 五郎の名言

1 君を助けたいんだ・・・。それが無理なら、せめて君の不安を受け止めたいんだ、俺が受け止めたいんだ・・・

 

2 患者を知ろうとしない財前もおかしいが、知っていてまた見ぬ振りをする君もおかしいよ。

 

3 俺はただ自分の足で歩きたいだけだ。

 

4 医者は神様じゃない。患者と同じ人間だ。

 

5 君が割り切ることで医者であり続けるなら、俺は悩むという一点で医者でいられるのかもしれん。

 

6 なあ、財前。戦っているのは君だけじゃない。

 

7 私は、真実を述べたいと思います。

 

8 人は利益や損得に振り回されるものです。しかし時には信念に突き動かされることもあるのではないでしょうか?

 

関連記事

財前 五郎 ざいぜん ごろう 名言 格言集|ドラマ 白い巨塔の登場人物 心に響く言葉一覧
『白い巨塔』(しろいきょとう)は、日本の作家山崎豊子による長編小説で、社会派小説として知られています。この小説は、浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な主人公を通じて、医局制度の問題点や医学界の腐敗を鋭く描いています。 財前五郎と里見脩二は、医療界における権力争いや倫理的な葛藤に直面し、それぞれ異なる方法でこれに立ち向かうキャラクターとして描かれます。小説は、医療施設や医師たちの内部での諍いや権力闘争、病院経営の問題などを通じて、医療制度の問題を浮き彫りにします。 この小説は山崎豊子の代表作の一つとされ、1966年に映画化された後、何度も映像化されたことからもその影響力と人気がうかがえます。医療制度や倫理、権力といったテーマを通じて、日本の医療界に対する批判的な視点を提供し、社会的な議論を呼び起こす役割を果たしています。 唐沢寿明さんや岡田准一さんなどが演じる「財前 五郎」の名言をいくつか紹介していきます。
テレビドラマ 白い巨塔 名言 格言集|心に響く言葉一覧
『白い巨塔』(しろいきょとう)は、日本の作家山崎豊子による長編小説で、社会派小説として知られています。この小説は、浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な主人公を通じて、医局制度の問題点や医学界の腐敗を鋭く描いています。 この小説は山崎豊子の代表作の一つとされ、1966年に映画化された後、何度も映像化されました。 このページでは、テレビドラマ 白い巨塔の役者が残した心に響く言葉や名言をまとめていきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました