上杉景勝 うえすぎ かげかつ 名言 格言集|豊臣政権の五大老の一人で米沢藩の初代藩主が残した心に響く言葉・辞世の句

その他武将など

戦国時代から江戸時代前期にかけての大名。

また、豊臣政権の五大老の一人で米沢藩の初代藩主でもあった上杉景勝。

当ページでは「上杉景勝」の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。




上杉景勝のプロフィール

笑わない武将。上杉景勝の武骨な生涯【前編】【二世武将】
生誕 弘治元年11月27日(1556年1月8日)
死没 元和9年3月20日(1623年4月19日)
時代 戦国時代 – 江戸時代前期
正室:武田信玄の娘・菊姫
側室:四辻公遠の娘・桂岩院

上杉 景勝(うえすぎ かげかつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての大名。豊臣政権の五大老の一人。米沢藩の初代藩主。山内上杉家17代目。

上田長尾家出身で、初名は長尾顕景。同じ長尾家出身の叔父・上杉謙信の養子となり、名を上杉景勝と改めた。実子のいない謙信の死後、上杉家の家督相続を争った御館の乱で勝利し、謙信の後継者として上杉家の当主となった。

豊臣秀吉に仕え、豊臣家五大老の1人として、会津藩120万石(「上杉家記」では120万1,200石余、上方の在京領は除く)を領した。秀吉の死後、徳川家康が景勝討伐に向かい関ヶ原の戦いが幕開け、景勝は石田三成ら西軍に付き敗北した。戦後に、徳川家康から上杉家の存続は許されたが米沢藩30万石へ減封となった。

※参照 Wikipedia

 

上杉景勝 名言 格言集

1 迂を以て直と為すと云うことあり,危き道に不意の患あり

【意味】
急がば回れ、というたとえがある。険阻な道を行けば不測の事態が起こる恐れがある

 

2 大将は近きとて危うき道は行かざるものなり。

上と同じような意味合いです。

 

3 人の危うきに乗ずるは、上杉兵法に非ず

 

4 当領内には一人のキリシタンも御座無く候

徳川幕府に言った言葉と言われています。

 

5 武士の家に生まれて先陣を他家と争い、朝から身を粉にして奮戦してきた場をいくら上意とはいえ譲ることはできない

 

6 なかんずく景勝はよき時代に出生し、弓箭を携えて、六十余州を越後一国をもって相支え一戦を遂げ滅亡せしむこと、死後の思い出、景勝にははなはだ不相応に候か。もし又死を出でて一生せしむるにおいては、日域(=日本)無双の英雄たるべきか。死生の面目・歓悦天下の誉れ、人々その羨み巨多たるべきか。

【意味】
景勝のことは心配無用です。私は良き時代に生まれてきました。もはや武田は滅び、私は越後一国で日本の60余州と戦います。もし生き残ることができたなら、私は古今無双の英雄となれるでしょう。また死んでしまったとしても、歴史に名を長く残すこととなるでしょうが、本当に武家に生まれた者として至極果報なことです。

 

関連人物の名言集

石田三成 名言 格言集|関ヶ原の戦いに敗れた豊臣政権の五奉行が残した心に響く言葉・辞世の句
安土桃山時代、あの「豊臣秀吉」に仕えたの武将・大名。 後に、石田三成は「五奉行」となって、豊臣政権の中核を担い、太閤検地、朝鮮出兵などで武功を重ねる。 秀吉死後、西軍を組織し、東軍を組織した徳川家康と関ヶ原で対峙し敗れた。 当ページでは「石田三成」の、心に響く名言や格言・辞世の句などをピックアップしてお届けします。
源義経 みなもとのよしつね 名言 格言集|頼朝と対立し最期を遂げた武将が残した心に響く言葉・辞世の句
平安時代末期の武将で、幼名は牛若丸。 鎌倉幕府の初代将軍の源頼朝は異母兄に当たる。 一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼし、最大の功労者となるが、その後兄である頼朝と対立し、最期は戦うことなく悲運の最期を遂げた「源義経」の、心に響く名言や格言などをピックアップしてお届けします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました